2017年03月13日

ガラスの原料

今日は、ちょっとした豆知識です^^

ガラスは、私たちの生活の様々な場面で使用されています。
そんなガラスは何から作られているかご存知でしょうか???
ガラスを作るために欠かせない主な原料についてご紹介します。

●珪砂(石英)

二酸化ケイ素が結晶になってできた鉱物に「石英」があり、石英が砂状になったものは珪砂と呼ばれます。
石英の結晶がそのまま成長を続け六角柱のような形になったものが水晶で、
水晶は水晶細工を行うことで置物などに使用できますが、砕けばガラスの原料としても使用することが可能です。

●石灰

ガラスを作る際には、貝殻やサンゴの主成分でもある石灰(炭酸カルシウム)を使用します。
ガラスを強くするために使用されていて、ガラスの中では炭酸カルシウムが酸化カルシウムの形と
なって含まれています。

●ソーダ灰

ソーダ灰とは炭酸ナトリウム無水物のことで、お菓子作りに使用されるベーキングパウダーの主成分でもあり、
入浴剤や洗剤などに含まれることもあります。
今は食塩から作られていますが、昔は草木を燃やした灰から作られていました。

thumb_IMG_1621_1024.jpg

このように、ガラスといっても様々な原料・成分があるのですね。
成分によって、できるガラスの性質が違います。
鏡・ガラスは化学製品であるということを
覚えてもらえればと思います^^

IMG_1730.jpg


玄関鏡取付けのご相談はこちら
TEL:03-3632-3214
メール問い合わせ
満月ミラーワークス ホームページ

ぴかぴか(新しい)鏡ガラス雑貨-KiRA-のショップページぴかぴか(新しい)

posted by Stella_OZ at 18:16| 鏡・ガラスの豆知識